神奈川男声合唱協会(KAMCA)の第15回演奏会は2018年5月3日、みなとみらい大ホールで開催されました。当日の演奏会と打ち上げの様子を、ちょっとだけご紹介します

合同ステージ「月光とピエロ」のリハーサル風景。今回の演奏会は、出演者も客席でほかの合唱団の演奏を聴くことにしたので、演奏会最後の合同ステージは、出演者約300人が客席からステージに直接上るスタイルにしました。思ったよりスムーズに登壇できました

みなとみらい大ホールはお客様1,300人と出演者400人でほぼ満席。入場をお断りしたお客さま申し訳ありませんでした

 KAMCAの打ち上げは馬車道の「驛の食卓」。横浜地ビールの店です。2時間地ビール飲み放題、歌い放題!! 「これがあるから男声合唱は止められないのね」は男声ファンのご婦人の声

 

4月22日洋光台音楽塾開講!講師は北鎌倉女子学園の太田彌生先生

今年の洋光台梅まつりは2月17日に開催されました。13名の仲間が参加して愛唱歌などを披露し、喝采を受けました

12月24日は洋男の総会.今年の活動を振り返るとともに、来年の活動方針を話し合いました。総会の後は一年を締めくくる忘年会

 何年か前までは、忘年会が終わった後、洋光台駅前のスナックでカラオケとか元気だったのですが、最近は皆さん酒量が落ちました。

12月9日(土)磯子音楽祭。洋男からも9名が参加して、交響曲第9番を歌いました

12月2日南部病院コンサート

 港南台の南部病院では、平成16年から14年間毎年コンサートを続けてきました。来年から病院の運営方針が変わり、ピアノも廃棄されちゃうそうで、洋男コンサートは今年が最後になりそうです。

11月11日洋光台にぎわいフェスタ

 

 

 

洋光台は文化を大切にするまちです。

毎年11月初めに開催されるにぎわいフェスタには洋光台の子供たちからお年寄りまで、吹奏楽、ダンス、民謡、ハーモニカ、合唱など様々なグループが参加します。子供たちの「ソーラン節」も本場札幌に負けないぞ!

 

彩の国男声コーラスフェスティバル2017(11月4日・川越市ウェスト川越)

高校生から80歳以上の方まで3世代に亘る男声合唱の交流。さすがに高校生の声は澄み切っているが、歌を歌うには人生経験が味わいを醸し出す

彩の国参加33団体の中で男声合唱団道草と共に特別賞を頂きました

男声合唱フェスティバルの醍醐味はこの第2部!呑めや歌えの大饗宴

元締めの蓮沼先生、準備作業で疲れちゃったよと言いながら、いざ第2部開始とともに元気回復。司会はIl Campanileの宇佐美さんとコール・グランツの加藤さん。

11月2日(木)かがやきクラブ磯子演芸大会で演奏しました

民謡、演歌、日舞、フラダンスなど出演45団体の大演芸大会。平日でしたが洋男も25名集まり、埴生の宿、川の流れのように、最上川舟歌を演奏しました

10月22日は「洋光台三小オータムフェスティバル」

いつも練習に三小コミュニティハウスや体育館を使わせていただいている団体が集まっての発表会。元気いっぱいの子供たちに負けないようおじさんたちも頑張りました

10月21日(土)洋光台音楽の集い。今年は洋光台第一小で開催されました。

21日、22日は台風襲来で大雨の中でのイベント。でもその大雨の中を洋男を聞きに来てくださったお客さまも。ありがたいことです

9月18日(敬老の日)特別養護老人ホーム「中原苑」を訪問

もう20年以上伺っています。初めのころは「訪問演奏してると、入居申し込みのとき優先的になるかな」なんて言い合ってましたが、そろそろ冗談ではなくなりました

神奈川男声合唱協会の西湘・湘南ブロック演奏会開催

合同ステージには洋光台男声からも4名が参加。タダタケメロディーと最上川舟歌を歌ってきました

8月19日えひめグリークラブ(ひめグリ)との交流会

8月19日、愛媛県松山市を訪問し、えひめグリークラブとの交流会を行いました。えひめグリーの尾崎喜八のハーモニーはとてもきれいでした。

以下宮本先生のコメントです。

  *************

19日はえひめグリークラブの皆さんと、私が指導する洋光台男声合唱団との交流演奏会がありました。
いつも子どもたちに「一曲知っていれば、それを知る他の誰かと歌い合うことができる。歌は世界を広げる扉だよ」と教えていますが、私よりも年上の皆さんも、同じように世界を広げ合っていました。素晴らしい時間!
愛媛グリークラブの皆さんの実力に魅せられ、私たちも良い刺激を頂きました。

20日は佐藤陽三門下生による「葉月のコンサート」。国内外で活躍する門下生が集う一大イベントで、今年で4回目を迎えました。...
大トリは、佐藤陽三(85歳)の「木兎」。

「私のしてきたことといへば
さて何だらう…」

「すこしばかり歳をとった 
この木菟もさ」

心を打つ絶唱でした。
いつまでも歌い続けてください。
道を示してください。

  宮本先生は、21日、郷里の八幡浜で、名物八幡浜ちゃんぽんを食べています

第60回神奈川県合唱祭

4月16日の演奏会終了後練習を始めた「岬のうた」から2曲を演奏しました。全日本合唱連盟70周年を記念して、50周年以降20年間合唱連盟に貢献したと表彰状をいただきました

 県立音楽堂でのイベントの後の打ち上げは、野毛の萬里放題亭です。焼き餃子日本発祥のお店と言われます

港南区音楽祭(5月21日)

今年の港南区音楽祭は、港南区公会堂が新築工事中のため、南区公会堂で開催されました。新しくて設備も立派なホールでした。事前の練習は、はじめて、関内ホール地下の青少年育成センター研修室を利用しました。

最終練習(栄公会堂リハーサル室)

4月14日(金)とうとう演奏会前最後の練習です。上杉くんが宮本監督の指示を受けています。”ここはテナーは信頼することにして、ベースの拍をしっかり指示したほうが良い”とか

4月6日、演奏会本番へ向けて舞台稽古

 多くの合唱団のゲネプロは演奏会前日が多いと思いますが、洋男では本番の10日ほど前に行います。もちろん進行表に沿ってステマネ、司会者、ホールの担当者と段取りの修正・確認しながら進めますが、より大事なのは、合唱団にこの時期に本番ホールで歌ってもらって、ハモりや響きを体感してもらうこと。

 大きな会場で歌うと、思わぬことが。ほかのパートの音が聞こえない、気持ちが上ずって走る、歌詞が落ちてしまうなど。明日の日曜日は、舞台稽古での反省を踏まえた練習ができます。

 そして本番2日前の14日(金)、ここでちょっとだけ気持ちを高めるために栄公会堂リハーサル室で最終稽古。

 土曜日は、休養と各自の自宅での自習、そして本番の日を迎えます。ここ3,4回の演奏会へ向けての進め方です

 

2月18日洋光台梅の里祭に出演しました

今年の梅の里祭は、寒さも和らぎ穏やかな一日でした

2月5日練習風景

 演奏会が近づいているので、練習は17時から20時半までの3時間半。会場はいつもの洋光台三小コミュニティーハウスです。ニューミュージックは意外と難しいなあ。なかなかリズムに乗れません。

第4回コーラス・イン・神奈川

今年最初のステージは、第4回コーラス・イン・神奈川です。4月の第13回演奏会で演奏する「思い出すために」から「種子」を除く5曲を演奏しました。ほとんどのメンバーが譜面外しで歌えました。

 

 

1月8日 2017年初練習!

 

練習の後は、洋光台駅前の「富貴」(中華)で新年の道草会。見学者も早速お誘いしました。

2016年の思い出

12月25日は今年の定期総会でした

 

 

洋男の総会は、会社の株主総会と同じです。活動報告、決算の承認、新年度の活動計画・予算の承認、役員改選などが、団長が議長となって進められます。

もちろん総会が終わった後は、打ち上げ会です。

Vサインの女性は、われらが洋男の三上マネージャーです

今年最後のステージ.12月3日(土)南部病院コンサート

もう10年以上出演しています。入院中の患者さんたちだけでなく、ご近所の方たちも聴きに来られます。毎年200人ものお客さまの前で歌います。アンコールは中島みゆきさんの「時代」。ハンカチで目元を押さえて聴いている女性もおられました

春に遡って

4月23日、KAMCA演奏会に出演しました

KAMCAは神奈川県男声合唱協会の略称です。今年は鎌倉芸術館で演奏会を開催しました。写真は合同ステージのリハーサル風景。指揮者は並木男声の吉田千鶴子先生。西城秀樹のYoungmanの練習です

5月1日常磐ひたちメンネルコール第9回定期演奏会(日立シビックホール)に出演しました!

洋男の第11回演奏会は、常磐ひたちメンネルを迎えて開催しました。今年は洋男が茨城県日立市に伺って、常磐ひたちメンネルコールの演奏会に出演しました。演奏会の最後は「筑波山ろく合唱団」で〆ました

7月18日「あなたが主役 みんなのステージ」に参加しました

あなたが主役は、カルテットグループ「サタディーズ」が合唱の仲間たちに呼びかけて開催するイベントです。有志の参加でゆずの栄光の架橋に挑戦しました

どんなイベントでも、第2部(パーティー)の最後はみんなで肩を組んで「遥かな友に」を歌います

8月28日洋光台団地の集会所で「納涼大会」を開きました

休団中の皆さんも招いて、旧交を温めました

今年の合宿は2016年11月19日・20日)に開催しました。湘南国際村です。

今回の合宿では初日夜も練習し、翌日お昼まで9時間の練習でした。練習後の夜の発表会では、有志合唱4つの発表に加えて、オカリナ、ハーモニカグループ、ギターソロの披露もありました。

10月8日、秩父ミューザパークでの彩の国男声合唱フェスティバルに参加!

これは第2部の風景です。野外音楽堂で、客席では参加者がビールを飲み、ステージでは自由参加で男声定番を歌います。

常磐ひたちメンネルの皆さんとは5か月ぶりの再会。タダタケの「雨」。指揮は洋男の上杉明です

彩の国男声合唱フェスティバルは埼玉県合唱連盟の皆さんが支えてくれています

左から、加藤さん、合唱セミナーの講師を務められた山脇先生、蓮見先生、星野さん

秋は地域のイベントが続きます。今年は2日続けてのイベント参加になりました。10月15日洋光台音楽の集い&16日洋光台三小利用団体発表会です